◆ RISC-V Core(リスク・ファイブ)関係 作成 2024.01.03 更新 2024.04.14

  小型・格安な RISC-V kits  中国製はレジストが黒色

 近年、進化した低消費電力で低価格な高性能RISC-VコアのSoCやSiP, MCU種類も年々増えており、RISC-Vコア系のSoCやSiP, MCUの選択肢が増えた。計測制御関係での応用できる低消費電力で低価格なRISC-Vコアマルチ・コア・ボード( MPU Board & CPU Board ) を取りあげていきたいと考えております。

 某OA-OS用PCと同等なコンパクトなミニサイズの高性能GPU内蔵ボードでは、CPUに冷却ファンを必要とし、その消費電力が500W〜1kWにも達するようなボードは敬遠され、熱暴走によるシステム・ダウンが発生すると制御システム誤動作による重大な人身事故や設備損傷等の損害が発生します。 2024.01.03


◆ 進化する高性能なRISC-VコアのSoCやSiP製品 作成 2024.01.03

 近年、RISC-VコアのSoCやSiP, MCUは中国が活発であり、残念なことに、国内ではルネサス社のみがRISC-VコアのSoCや MCUを製品化しているが、他の国内メーカーではRISC-VコアのSoCやSiP, MCU製品を発売しないようである
 最近、米国と中国との最先端半導体技術規制に日本も巻き込まれ、国の補助金により国内に最先端半導体工場を建設しており、最先端半導体が中国や韓国よりも優れたCPUコアのSoCやSiP, MCUを製造できると思われているようであり、大変、残念なことである。 2024.01.03

 既に、他国で開発・製品化されたARM系コアやGPUコアの3nm・SoCと同等な3nmのSoC製造しても、他国でプロセス製造3nmのSoC製品がスマホ用に出荷されており、1.5nmのSoC製品も来年か再来年頃に出荷されるようである。
 某大手企業では、最先端半導体の開発関係に積極的に投資する企業が少なく、新技術・日本独自のRISC-Vコア・SoC等の開発ができるとは思えない。今頃になって、国が補助金を大手企業に提供しているが既に手遅れと言わざるを得ない。最先端半導体では台湾や韓国、中国に追い越されたと認識することが重要である。
 ラピダス社には期待したいが、ラピダス社の工場でどのような最先端半導体の製品を製造するか不明であり、低価格なRISC-VコアやARMコア, RXコアのSoC, SiP等を製造することはないと思われる。5〜10前に最先端半導体の工場を建設していればよかったのであろう。 2024.01.03


◆ 製品化されているRISC-VコアのSoCやSiP 作成2024.01.03 更新 2024.04.14

 近年、RISC-VコアのSoCやSiP, MCUは台湾製や中国製品が多く、その製品をリストアップしました

 MPU & MCU  動作周波数 コア数  パイプライン
  (stage)数
プロセス製造
Milk-V Pioneer SG2042 (C920) 2.0GHz  64  12 ステージ  5 nm
Milk-V Oasis SG2380 (P670) 2.5GHz  16  12 ステージ ?  5 nm
Milk-V Meles T-Head
 TH1520
2.0GHz  4  8 ステージ ?  12 nm
Milk-V Mars JH7110 1.5GHz  4  7 ステージ ?  28 nm
Milk-V Duo (CV1800B) 1.0GHz/700MHz  2  5 ステージ ?  ? nm
RZ/Fize RISC-V(AX45) 1.0GHz  1  8 ステージ  ? nm
K230 C908 + KPU + VPU 1.6GHz/800MHz  2  5 ステージ  28 nm
K510 RISC-V + KPU + DSP 800MHz  3  5 ステージ  28 nm
K210 RISC-V + KPU 400MHz  2  5 ステージ  28 nm
Micro Magic ※-3 11 GHz Max 13 GHz  1  ? ステージ  ? nm
R128-s2 C906+HiFi-DSP 600MHz/400NHz  2  5 ステージ  28 nm ?
Lockfox Pico RV1103 ※-1 1.2GHz/400MHz  2  5 ステージ  14 nm
Lichee Pi 4A TH1520
 C910+E902
1.8GHz/400MHz  5  8 ステージ  12 nm
Vision Five 2 JH7110 1.5GHz  4  7 ステージ  28 nm
Pine64-star64 JH7110 1.5GHz  4  7 ステージ  28 nm
V851 C906 + ARM A7 600MHz/900MHz  2  5 ステージ  28 nm
V853 E906 + ARM A7 1.0GHz/? MHz  2  5 ステージ  22 nm ?
RISC-V XuanTie C910 1.8GHz  4  12 ステージ  22 nm ?
D1s/F133 RISC-V(C906) 1.0GHz  1  5 ステージ  22 nm
P470 RISC-V(RV64GC) 3.4GHz  4  8 ステージ   5 nm
P8700 RISC-V(RV64GHC) MIPS 2.5GHz ※-2  8  16 ステージ   5 nm ?
BL808 C906+E906 Core x 3 480MHz/320MHz  3  5 ステージ  28 nm ?
BL616/BL618 320MHz  1  5 ステージ ?  28 nm
Sipeed Bouffalo BL702 144MHz  1  ? ステージ  28 nm ?
Bouffalo BL602 SiFive E24 192MHz  1  ? ステージ  28 nm ?
ESP32-S2, S3 LX7 RV32IMC 240MHz  1  ? ステージ  40 nm
GD32VF103 RV32IMC 108MHz  1  2 ステージ  ? nm
CH32V003, V203, V307 RV32 48〜144MHz  1  ? ステージ  ? nm
Parallella E16G301 ※-2 1.0 GHzHz  16  ? ステージ  65 nm
Parallella EPiphany-IV E64G401 ※-2 800 MHzHz  64  ? ステージ  28 nm

 上記のリスト以外にも多数のRISC-VコアのSoCやSiP, MCUがあり、RISC-V+ARMコアの混合タイプも多い。
小ピン・マイコンのGD32VF103はSTM32F103シリーズのMCUとピン互換性であるようであり、パッケージはQFN48や QFP48,QFP64,QFP100等がある。ADCやDAC, Timer, PWM等の互換性有無は不明です。 2024.01.03

 ※-2 2012年にParallellaからE16G301とE64G401(28 nm)が発表され、その後、今日でもE16G301ボード製品として約23,000円で販売されている。
 2012年当時としては高性能な RISC-SoC/E64G401は演算性能が 70GFLPOPs/w、Max. 102GFLPOPs/max. 2Wと低消費電力であり、2012年頃のCore i7-2600・HD2000 96GFLOPs/TDP 95Wに対し消費電力 100分の2と劇的な低消費電力の性能であった。ARM系のGPU性能も20GFLOPs程度と高性能ではなかった。残念なことにE64G401搭載ボードが販売されていない。 2024.04.14

 ※-3 2020年に米国のMicro MagicからRSIC-V Core max 13GHzが発表されているが、残念なことにそのRSIC-V Coreボードが製品として販売されない。
 Micro MagicのRSIC-V Coreは4.25GHz/200mW低消費電力であり、コアマーク(Core Mark)性能が55,000とAMD社・Ryzen 4700u 2〜4.1GHz(消費電力 TDP15〜25W)に対し約4倍(コア当り)高性能です。 2024.04.14

 ※-1 Lockfox Pico はSDカードでブートするイメージ作成ソフトがWindows-PCのみであり、このソフトではSDカードに書込みができずハマってしまった。Linux(Ubuntu等)に対応したイメージ作成ソフトとすべきあったと思う。その点、低価格なMilk-V DuoやLichee RV(C906)はすんなりと動作し、RISC-Vコア用のgcc/g++も最適化が良いようです。ESP32やRaspberry Pi Pico(ラズパイ・ピコ)よりも格段に高性能です。 2024.01.05

 ※-2 元MIPS社のRISC-VコアP8700 Octa Core 2.5GHzは16 ステージであり、クラスータ接続で512コアが可能であり、サーバー関係への参入なのでしょう。x86-64コア系も厳しい競争となりそうです。 2024.01.05


◆ RISC-VコアのTinyML-RunとTimeFor-Loopのベンチマーク 作成2024.01.03

  RISC-Vコアのクロス・コンパイラーgcc/g++はARM系のクロス・コンパイラーgcc/g++のようにコアの種類が多く、コンパイラーオプション設定やライブラリー関係でハマることが少ないので初心者にはよいと思います。
  Linux環境でのソフト実行あれば、悩むことも少なくプログラミングが楽であり、激安のボードが魅力的です。
  Windows環境ではクロス・コンパイラーを構築する気にならないが、MacOS環境では若干ハマることがあり、ARM系コアボードはLinuxやRTOSの利用が多いのでUbuntu環境がベターなようです。

  種々のコア・人工知能TinyML-RunTimeベンチマークはこちらのページです。
  レイトレーシング(RayTracing)ベンチマークはこちらのページです。
  For-Loopベンチマークはこちらのページです。


◆ x86-64コア等の消費電力が増大傾向 作成2024.01.05

 x86-64コアは高性能でマルチコアのGPUをチップ内に実装する傾向となり、GPU-PCIカードだけでも200〜500Wの消費電力であり、その消費電力が電気ヒーターのような1kW弱のPCも存在する。脱炭素CO2の削減と言われている時代に逆行している。
 高性能なx86-64+GPUコアはCPUコア数8(Octa)とGPUコア数十個となり、小型なゲーム機等に実装されており、その消費電力がTDP50〜90W程度と約20Ahリチウム・バッテリーで駆動時間が1時間程度である。
 小型なゲーム機としては破格な13〜20万円であり、低価格なARM系の小型なゲーム機2万円程度と比較し8〜10倍程度と高価である。
 プレステPS5はAMD Zen2 SoC 3.5GHz Octaコア + GPUコア であり、その消費電力も最大350Wと低消費電力とは言えない。価格は6万円程度と低価格ではない。 2024.01.05

 その点、RISC-Vコアは64コアで120W程度と1kW弱のPCと比較すれば低消費電力てす。64コアRISC-Vの性能はx86-64 Core-Octa + GPUコアのゲーム機よりも約6倍高性能、RasPi-4よりも約20倍高性能です。但し、64コアRISC-V・PCの価格は$1200程度と低価格でないことが残念です。
 16コアRISC-VのMilk-V Oasis SG2380 (SiFive-P670 + GPU) があり、動作クロックが2.5GHzと高性能であり価格も$120と手頃です。早く、発売してほしい。 2024.01.05


 自動制御装置や計測装置のハード・ソフト

 自動制御装置のハードとソフトを開発、及び設計製作しました、特殊なシステムの案件がありましたら是非ともご用命下さい。

  詳細はこちらのページです。

 人口知能処理・自動制御関係はこちらのページ

 ロボット制御ボード& Quad Core画像処理制御はこちらのページ

 FA関係マルチ・プロセッサ自動制御ボード・自動制御ソフト関係はこちらのページ

 計測自動制御・計測制御関係はこちらのページ

 腕時計サイズの超小型計測制御 MPU & 画像処理 DSP ボード関係

 コイン・サイズの超小型マイコン & DSP 制御ボード関係はこちらのページ

 ZigBee応用計測自動制御・計測制御関係はこちらのページ

 2.4GHz帯無線データ通信応用・特殊なひずみ量等の計測制御関係のページ

 画像処理 CPU + FPGAボード, Dual & Quad Core画像処理装置関係

 高性能マルチ CPU 高精度データロガー・計測制御関係はこちらのページ

 小型タッチ・パネル計測ボード &タブレット計測装置関係はこちらのページ

 医療関係計測ボード &タブレット計測ソフト関係はこちらのページ

 高性能・高機能タッチパネル・データロガー・計測関係はこちらのページ

 高性能・高機能タッチパネル・自動制御・計測関係はこちらのページ

 高機能な診断・解析分析搭載のタブレット自動制御システム

 高機能な診断・解析分析搭載のタブレット無線計測システム

 スマートフォン(スマホ)無線・制御計測ソフト


◆ コンピュータと制御関係のページ

    制御関係のComputerページ

 弊社の製品 弊社の低価格なボード・ソフト製品一覧

     トップ・ページへ戻り


◆ このページに情報を掲示されたい方はどうぞお気軽にご連絡下さい、無料で掲示致します。又ご希望があれば御社のページへリンク致します。

 このページへはご自由にリンクして下さい、その際Eメールでご感想などをご連絡戴ければと思います。

    

◆ 他のホームページは Google で検索して下さい、弊社のページはそれぞれのボタン、又はリンク先をクリックして下さい。

 http://www.google.co.jp


 リンクページ

弊社の製品一覧
弊社のソフト関係
弊社のハードとファームウェア関係
マルチ・プロセッサ自動制御装置
自動制御システム開発
生産&治具システム開発
計測自動制御装置
PID 自動御制ボード
腕時計サイズ制御ボード
ZigBee無線計測制御ボード
測画像処理制御ボード
ロボット制御ボード & ソフト
コイン・サイズのマイコンボード
マルチCPU高精度データロガー装置
タッチスクリーン計測ボード
高機能・高性能データロガー
高性能・高機能自動制御ボード
人工知能 AI 自動制御計測ボード
高機能な診断・分析解析計測システム
高機能な診断・分析自動制御システム
スマートフォン無線計測ソフト
WiFi自動制御計測Web遠隔監視System

 他リンクページ

マルチ・スレッドとマルチ・プロセス
量子コンピュータと自動制御
Linux上で組込関係ソフト開発利用
Python組込み関係利用の問題点
人工知能・組み込み制御と自動制御
デジタル制御やDCS制御のページ
Linux&FreeBSDでのSCADA,HMI
SoftPLC & LinuxPLC
制御関係コンピュータのページ
実践的な制御の基礎
自動制御装置用SH-2 ボード
PowerPC関係のページ
MacOS Xのソフト開発環境関係ページ
MacOS X でのH8&SHソフト開発環境
H8S/2238組込み計測装置開発
MacOS XでのVerilogHDL & VHDL開発
制御システムエンジニア・マイコン集い
自動制御システム・自動制御装置
OS関係& Trusted OSのページ
PC & PDA用CPU 関係
PDA (Palm)関係
組み込みMPU 関係のページ
組み込みマルチ・コア関係のページ
おもちゃマイコンのページ
クラスター 関係のページ
CPU Board & マルチCPUボード関係
Linux関係のページ
MacOS X & X serve 関係
OS関係& Trusted OSのページ
マイクロカーネルMach &RT-Mach
BeOS関係のページ
トップページ

 自動制御システム構築や制御ネットワーク構築などで困っておられましたら是非とも弊社にご連絡下さればご相談は無料で受け付けております。

 

E-Mail :こちらをクリックして下さい。

 弊社では、自動制御システムのハードとソフト関係で約32年の経験があります。

 このページについて皆様からのご意見、或いはご要望などがありましたら、是非下記へメールでご連絡下さい。

 

   トップページへ戻り